無修正・裏エロ動画アンテナ

無修正・裏エロ動画アンテナです。

【ハッピーメール体験談】可愛い女子大生とセフレになった

   

ハッピーメール 体験談

ハッピーメールの掲示板検索をしていたら、何となく気になる女の子を発見しました。
ポイントに余裕があったこともあり、軽い気持ちでアプローチしてみることに。
すると1時間もしないうちに相手の女性からメールが返ってきたんです。

しかも直アド交換もすぐにしてくれたばかりか、彼女から写メを送ってきてくれるなど順調そのもの。
なかなか可愛い女子大生だったので、私もテンションが更に上がってしまいます。
お互いのプロフに書かれてあった趣味が近かったのも良かったのかもしれません。

LINEやメールでのやり取りを始めて5日。
そろそろ会ってみようかという雰囲気になりました。
翌日は土曜日、彼女は学校が休みで私も仕事が休み。
「会ってみる?」と言う私の問いかけに、「うん、嬉しい!」との返信で会うことが決定。

待ち合わせ場所は横浜。
気合十分な私は早めに到着したのですが、彼女はすでに先に来て私を待っていてくれました。
フワフワした女の子らしい白の洋服を着ていて、写メで見た時よりもかなり可愛いと感じました。
彼女もお洒落をして来た私に対して「素敵です」と言ってくれます。
共に第一印象はとても良かったと思います。

中華街で食事をした後、観覧車がある小さな遊園地に行きました。
そこで無邪気な表情の彼女から「乗ろう!」と言われ、仕方なく観覧車に乗る事になってしまいます。
私は高所恐怖症なので、正直乗りたくはなかったんです。

乗ってから目を閉じ気味の私に気が付いた彼女。
高い所が苦手だと分かってくれた様です。
「私がいるから大丈夫だよ」とよく分からないことを言ったかと思うと、私の隣にくっついて座って手をギュッと握ってきました。
それでも観覧車がどんどん上へと進んでいくにつれ、私の手汗は凄いことになってしまっています。
そんな私に「怖くないようにしてあげる」と彼女は言って、突然抱きついた後にキスをしてきたんです。
優しく私の舌と絡ませていたかと思うと、糸が引くほどの激しいキスへと変わります。
結局観覧車に乗っている大半の時間をずっとキスしていた気がします。

二人共興奮で顔が火照った状態で観覧車から降りました。
キスしたことで我慢できなくなった私は「この後ホテル行かない?」と提案してみることに。
「今日はごめんね」と断られるのを覚悟の上です。
彼女からは「怖い思いをさせてまで観覧車付き合ってもらったから…良いよ」との嬉しい言葉。
ホテルを見付けると私達はそそくさと入りました。

部屋に入ると観覧車の時の様に、彼女が抱きついてきて舌を絡めてきます。
キスをしながら彼女の服を脱がしにかかり、ちょっと小さめの綺麗な色したおっぱいが露わになります。
彼女も真っ先に私のパンツを脱がせると、ペニスを握って「凄く大きくない?」と笑顔。
簡単にシャワーを済ませてベッドで抱き合い、舌がふやけてしまうのではという位キスをしました。

ようやく舌を離した彼女が「舐めさせてね」と言って、カチンカチンになっているペニスを小さな口で咥えてしゃぶり始めます。
女子大生が夢中でフェラしている姿は、とてもエロくて写真に残したかったです。
私も彼女にクンニをしようと思ったのですが、彼女はなかなかペニスを離そうとはしません。
そこで69の体勢になって互いに性器を舐め合い、彼女からは可愛い喘ぎ声が徐々に漏れ出しました。

「もう挿れて…」と彼女に懇願され、69を止めていよいよ挿入することに。
ゴムをしようとする私に「生で挿れて欲しい」と言う彼女。
それなら遠慮する必要もないので、そのまま彼女の膣の中へとペニスを貫きました。

彼女の乱れっぷりは凄いものがありました。
尋常ではないくらの大きな喘ぎ声を発し、「気持ちいい~」と絶叫しまくっていたんです。
大人しそうな子だっただけに、ちょっと意外な感じがしてしまいました。

イキそうになってペニスを引き抜くと、起き上がった彼女が咥えてくれて口の中に発射。
彼女の口から垂れている大量の精液が、エロいシーンとして今でも印象に強く残っています。

その日以来毎週土曜日になると、セックスを楽しむ関係になりました。
いきなり会ったばかりでもエッチが出来てしまうなんて、出会い系の有難さを感じずにはいられないです。

今すぐ無料体験する↓



おかげ様で11周年!出会いはハッピーメール(18禁)

 - ハッピーメール 体験談